真田丸 あらすじ 12話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 12話

真田丸 あらすじ 12話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」3月27日(日)は12話目の放送となります。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 12話の紹介です。

家康(内野聖陽)との対立が決定的となり、昌幸(草刈正雄)は再び上杉を頼ろうとする。

だが、その支援を受けるため、信繁(堺雅人)を人質として差し出すことになる。

信繁は結婚して間もない梅(黒木華)を残して越後に旅立つ。

そんな中、梅はきり(長沢まさみ)に意外な事実を明かす。

越後に着いた信繁は、景勝(遠藤憲一)に温かく迎えられる。

養父・謙信譲りの名君ぶりを見せる景勝だったが、実は戦続きで疲弊した領国経営に四苦八苦していた。

以上が、真田丸 あらすじ 12話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。