精霊の守り人 あらすじ 2話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

精霊の守り人 あらすじ 2話

精霊の守り人 あらすじ 2話

綾瀬はるか主演「守り人」シリーズを実写化

「放送90年大河ファンタジー精霊の守り人」

3月26日(土)は2話目の放送となります。

物語はどんなでファンタジー大作となるのか・・・

精霊の守り人 あらすじ 2話をお届けいたします。

王宮の狩人との戦いで危機にさらされたバルサ(綾瀬はるか)は、チャグム(小林颯)の不思議な能力によって救われる。

チャグムの叫びに呼応するように、川の水が狩人を押し流したのだ。

満身創痍(そうい)のバルサは、幼なじみで呪術師見習のタンダ(東出昌大)の手当てで一命を取り留める。

一方、王宮の星読博士・シュガ(林遣都)は呪術師・トロガイ(高島礼子)から、チャグムに精霊の卵が産み付けられたのではないかと聞かされる。

以上が、精霊の守り人 あらすじ 2話です。

「放送90年大河ファンタジー精霊の守り人」の放送は
NHK総合にて、毎週土曜 21:00〜22:00 です。

綾瀬はるかさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
【精霊の守り人の最新記事】
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。