真田丸 あらすじ 11話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 11話

真田丸 あらすじ 11話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」3月20日(日)は11話目の放送となります。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 11話の紹介です。

真田が沼田領を手放さないことに手を焼いた家康(内野聖陽)は、真田と並ぶ有力国衆・室賀(西村雅彦)を浜松に呼び、昌幸(草刈正雄)を暗殺するよう持ち掛ける。

そのころ上田では、信繁(堺雅人)が自分の子を身ごもる梅(黒木華)を妻に迎えようとしていた。

だが、信繁の母・薫(高畑淳子)は、梅の身分が低いことを理由に反対する。

きり(長沢まさみ)は大きなショックを受けながらも、幼なじみの信繁と梅の結婚を必死で受け入れようとする。

一方、室賀がたびたび浜松の家康を訪ねていることを察知した昌幸は、信繁の祝言を利用することを思い付く。

以上が、真田丸 あらすじ 11話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。