わたしを離さないで あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

わたしを離さないで あらすじ 最終回

わたしを離さないで あらすじ 最終回

綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの共演で、カズオ・イシグロの衝撃作を初のドラマ化

「わたしを離さないで」3月18日(金)は最終回の放送となります。

物語はどんなヒューマン・ラブストーリーとなるのか・・・

わたしを離さないで あらすじ 最終回の紹介です。

3度目の‘提供通知’が届いた友彦(三浦春馬)は、恭子(綾瀬はるか)に自分の‘介護人’を辞めてほしいと告げる。

恭子は必死に説得して介護人を続けるが、友彦は大事なサッカーボールや描きためた絵まで捨て始める。

さらに、薬や食事も口にせず、体調を崩してしまう。

そんな友彦に対し、何ができるのか分からず途方に暮れる恭子。

ある日、街で龍子(伊藤歩)に会った恭子は、彼女に誘われて友彦をサッカー観戦に連れ出す。

以上が、わたしを離さないで あらすじ 最終回の紹介でした。

「わたしを離さないで」の放送は、TBS系にて、毎週金曜 22:00〜22:54 です。

三浦春馬ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。