ヒガンバナ あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 最終回

ヒガンバナ あらすじ 最終回

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」3月16日(水)は最終回の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 最終回の紹介です。

一課は家政婦・晴子(斉藤由貴)の証言から、弁護士の道重(山中聡)を逮捕。

事件の黒幕は優香(新妻聖子)だとして聴取を続ける。疑問を抱く渚(堀北真希)たちは、警察OBである派遣会社社長・海原(ダンカン)が、晴子を資産家の元に送り込んでいたとにらむ。

しかも、顧客の何人かは死亡しており、渚と雪乃(檀れい)は遺族の裕喜(飯田基祐)を訪ねる。

一方、謙人(DAIGO)も、海原が20年前に警視庁を退職したことに注目する。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 最終回の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。