相棒 season14 あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 最終回

相棒 season14 あらすじ 最終回

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」3月16日(水)は最終回の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 最終回の紹介です。

警察学校で銃乱射事件が起きる。訓練生・伴野(瀬川亮)は教官1人と同期生6人を射殺し、犯行声明を伝える役割として金井塚(小柳友)だけを残し、全ての弾丸を回収して逃走。

その日のうちに文部科学大臣射殺の凶行に及ぶ。

同じころ、亘(反町隆史)は捜査妨害の罪を問われて法務省への強制帰還を、右京(水谷豊)はそれを看過した責任で謹慎を言い渡されていた。

そんな中、亘の前に公安調査庁の慎子(高岡早紀)が現れる。

以上が、相棒 season14 あらすじ 最終回の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

※最終回の放送は 20時00分〜22時09分 までの最終回2時間スペシャルとなります。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。