お義父さんと呼ばせて あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 最終回

お義父さんと呼ばせて あらすじ 最終回

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」3月15日(火)は最終回の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 最終回の紹介です。

静香(和久井映見)が置き手紙を残して失踪してしまい、美蘭(蓮佛美沙子)たちは驚く。

一方、保(遠藤憲一)は、紀一郎(渡部篤郎)が700億円の損失の責任を押し付けられ、解任目前だとの情報を得る。

当の紀一郎はまだ諦めておらず、一発逆転を狙い、ある食品会社の買収に動きだしていた。

家族が静香の身を案ずる中、帰宅した紀一郎は、心配するほどのことではないと受け流し、これまでの不満をぶつける葉理男(中村倫也)ともみ合いになる。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 最終回の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。