武道館 あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

武道館 あらすじ 6話

武道館 あらすじ 6話

つんく♂がアイドルユニット・NEXT YOUをプロデュース! 

アイドルのリアルな青春物語「武道館」3月12日(土)は6話目の放送となります。

気になるあらすじ 6話が公開されました。

武道館 あらすじ 6話の紹介です。

「NEXT YOU」の新曲がCD売り上げ3位に。野村(木下ほうか)はこれからが正念場だと春樹(高畑裕太)を鼓舞する。

愛子(宮本佳林)が18歳の誕生日を迎えた。

愛子は家で大地(吉沢亮)や父・恒彦(矢柴俊博)と祝う予定だったが恒彦に仕事が入ってしまう。

2人になり、大地から「ずっと好きだった」と告白された愛子。

脳裏には恋愛禁止のルールとメンバーの顔が浮かぶ。

以上が、武道館 あらすじ 6話の紹介でした。

「武道館」の放送は、フジテレビ系にて毎週土曜 23:40〜24:05 です。

NEXT YOUファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。