ナオミとカナコ あらすじ 9話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ナオミとカナコ あらすじ 9話

ナオミとカナコ あらすじ 9話

ベストセラー作家・奥田英朗の同名小説を連続ドラマ化。

「ナオミとカナコ」3月10日(木)は9話目の放送となります。

連続ドラマ主演は約1年振りとなる広末涼子が、内田有紀と初共演。

ナオミとカナコ あらすじ 9話は下記の内容となります。

林(佐藤隆太)をかくまっていたのが加奈子(内田有紀)だと知った直美(広末涼子)は、思わぬ裏切りに激怒し、携帯電話から彼女の連絡先を削除する。

翌日、林を呼び出した直美は、加奈子を苦しめるぐらいなら帰国すると言う彼のため飛行機のチケットを取る。

一方、直美に謝罪もできず苦悩する加奈子は、病院である診察結果を告げられていた。

そんな中、三枝(前川泰之)の調査で林の存在に気付いた陽子(吉田羊)に、何者かの影が迫る。

以上が、ナオミとカナコ あらすじ 9話の紹介でした。

「ナオミとカナコ」の放送はフジテレビ系にて、毎週木曜 22:00〜22:54 です。

広末涼子さんと内田有紀さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。