ヒガンバナ あらすじ 9話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 9話

ヒガンバナ あらすじ 9話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」3月9日(水)は9話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 9話の紹介です。

資産家の長井(久保晶)の屋敷に男が押し入り、金庫を奪って逃走。

長井は人工呼吸器が外れて絶命し、家政婦の晴子(斉藤由貴)も負傷した。

現場でシンクロした渚(堀北真希)は「お前なんか、家族じゃない」とつぶやく。

晴子によれば最近、長井の娘を名乗る人物がたびたび訪れていたという。

渚と雪乃(檀れい)は、長井の愛人の娘だと主張する優香(新妻聖子)を突き止める。

一方、謙人(DAIGO)は、20年前の事件を再び探る。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 9話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。