相棒 season14 あらすじ 19話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 19話

相棒 season14 あらすじ 19話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」3月9日(水)は19話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 19話の紹介です。

逃亡中だった宝石強盗犯・斗ヶ沢(窪寺昭)の遺体がキャンプ場で発見され、捜査は殺人事件に切り替えられる。

また、“神隠しの山”で失踪中の右京(水谷豊)の捜索も続けられていた。

そんな中、亘(反町隆史)は、まだ捜索隊が入っていない山中の陶芸工房を訪れる。

そこは、遭難した右京が囚われの身となっている場所だったが、応対に出た住人の鉄朗(升毅)と喜久子(山口果林)の夫婦は、刑事など来ていないと亘を追い返す。

以上が、相棒 season14 あらすじ 19話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。