お義父さんと呼ばせて あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 8話

お義父さんと呼ばせて あらすじ 8話

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」3月8日(火)は8話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 8話の紹介です。

紀一郎(渡部篤郎)は偶然、保(遠藤憲一)のことを「ターくん」と呼ぶ女性(片岡礼子)が、彼の部屋に入って待っていると知ってしまう。

一方、保は翌朝になってスマートフォンの着信に気付いて青ざめる。

砂清水(山崎育三郎)に保の調査を命じた紀一郎は、移動中の車内から小学生の男児(高橋來)と仲良く歩く保を目撃してがくぜん。

その夜、美蘭(蓮沸美沙子)は泥酔した保の上着ポケットから小学校の「保護者章」を見つけ不審に思う。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 8話の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。