臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 8話

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 8話

有栖川有栖の名作をドラマ化!

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」いよいよ1月17日(日)放送スタートしました。

斎藤工と窪田正孝のワケあり名探偵コンビにも注目!!

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 8話の紹介です。

東京の通り魔事件の犯人が「アポロン」と呼ばれる高校生ではとインターネット上で騒動に。

一方、火村(斎藤工)と有栖(窪田正孝)は男女高校生の刺殺体が相次いで見つかった事件の捜査に協力。

被害者2人は以前交際していたらしい。

第一発見者のコンビニ店主・安納(泉谷しげる)に話を聞いた火村は、彼の家の荒れた様子が気になる。

京都の事件もアポロンの犯行との噂が広がる中、時絵(夏木マリ)は街で見た彼を気に掛ける。

以上が、臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 8話の紹介でした。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の放送は、
日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30〜23:25 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。