真田丸 あらすじ 9話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 9話

真田丸 あらすじ 9話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」1月10日(日)放送スタートしました。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

3月6日(日)は9話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 9話の紹介です。

春日信達を暗殺した真田は、北条と上杉を信州小県郡から撤退させることに成功した。

昌幸(草刈正雄)は信濃から大名たちを追い払い、国衆たちの力で国を治めたいと考える。

だが、そのためには互いに反目する国衆・室賀正武(西村雅彦)の協力が不可欠だった。

一方、信繁(堺雅人)は、信達の死を巧妙に利用した昌幸への思いが消えずに悩む。

信濃を諦めて南下を始めた北条軍は、甲斐で徳川家康(内野聖陽)と対陣する。

以上が、真田丸 あらすじ 9話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。