わたしを離さないで あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

わたしを離さないで あらすじ 8話

わたしを離さないで あらすじ 8話

綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの共演で、カズオ・イシグロの衝撃作を初のドラマ化

「わたしを離さないで」3月4日(金)は8話目の放送となります。

物語はどんなヒューマン・ラブストーリーとなるのか・・・

わたしを離さないで あらすじ 8話の紹介です。

恭子(綾瀬はるか)と美和(水川あさみ)、友彦(三浦春馬)は陽光学苑の跡地へ。

ところが、高い塀に加え門は閉ざされ、中には入れない。

近くで休憩することにした3人は、数年ぶりに穏やかに会話をする。

恭子と友彦がサッカーのリフティングを楽しむ中、美和は2人から少し離れた場所へ。

そこに警備員が現れ、美和を連れていく。

警備員から知らせを受けた恭子らが門の中を訪れると、そこでは生気を失った子どもたちが暮らしていた。

以上が、わたしを離さないで あらすじ 8話の紹介でした。

「わたしを離さないで」の放送は、TBS系にて、毎週金曜 22:00〜22:54 です。

三浦春馬ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。