大岡越前3 あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 最終回

大岡越前3 あらすじ 最終回

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

「大岡越前3」3月4日(金)は最終回の放送となります。

物語はどんな痛快時代劇となるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 最終回の紹介です。

吉祥院の住職・白善(鈴之助)が炭問屋秋田屋の守り本尊である観音様を、寄進の約束があると言って強引に手に入れようとしていた。

困った秋田屋に相談された同心・筧(金山一彦)は事情を探る。

すると、寺社奉行(小野武彦)が関わっているらしいことが分かる。

さらに、寺社方の領分に町方は手出し無用と言われ、町奉行所の面々はいら立ちを募らせる。

そんな中、忠相(東山紀之)が解決のために、大胆な策をひねり出す。

以上が、大岡越前3 あらすじ 最終回の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。