ヒガンバナ あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 8話

ヒガンバナ あらすじ 8話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」3月2日(水)は8話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 8話の紹介です。

会社員の郷田(淵上泰史)が殺され、遺留品のお守りから、凛(高梨臨)に容疑が掛かる。

現場でシンクロした渚(堀北真希)は「俺が悪かった」と口にした。

一方、すみれ(大地真央)は、郷田が3年前の婦女暴行未遂事件の犯人で、逃走した2人組の1人だと気付く。

渚たちは、凛がその被害者だと知って驚きを隠せない。

そんな中、凛が前夜、性犯罪被害者の交流サイトで知り合った安奈(小篠恵奈)に電話をかけ続けていたことが分かる。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 8話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。