フラジャイル あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

フラジャイル あらすじ 8話

フラジャイル あらすじ 8話

TOKIOの長瀬智也が偏屈なイケメン医師に!

「フラジャイル」3月2日(水)は8話目の放送となります。

医療ドラマのニューヒーローが誕生となるか・・・

フラジャイル あらすじ 8話は下記の内容となります。

岸(長瀬智也)や宮崎(武井咲)らは、学生を対象にした泊まりがけの病理の勉強会に指導者として参加。

同じころ、森井(野村周平)の元には、女性外科の近田(渋谷謙人)から5人分の検体が持ち込まれた。

後日、勉強会に参加した女子学生・カナ(恒松祐里)が、病理診断科の見学に訪れる。

一方、岸が浸潤性乳がんと診断し、女性外科部長・亮子(森口瑤子)が執刀中の患者が、がんではないと判明。

岸は検体の取り違えを指摘するが、病理の診断ミスの噂は広まって・・・。

以上が、フラジャイル あらすじ 8話の紹介でした。

「フラジャイル」の放送はフジテレビ系にて、毎週水曜 22:00〜22:54 です。

長瀬智也さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。