相棒 season14 あらすじ 18話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 18話

相棒 season14 あらすじ 18話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」3月2日(水)は18話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 18話の紹介です。

右京(水谷豊)は、指名手配中の宝石強盗・斗ヶ沢(窪寺昭)が銃を手に逃げ込んだ夕霧岳での山狩りに駆り出される。

山中の樹木に銃痕を見つけた右京は、単独行動中に崖から転落。

目を覚ますと有名な陶芸家・流雲(大槻修治)の工房にいた。

7年前に流雲は山中で消息を絶ち、工房は弟子の鉄朗(升毅)と喜久子(山口果林)夫婦が守っていた。

右京は夫婦が斗ヶ沢をかくまっているのではと疑うが、外部に連絡する手段がない。

以上が、相棒 season14 あらすじ 18話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。