お義父さんと呼ばせて あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 7話

お義父さんと呼ばせて あらすじ 7話

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」3月1日(火)は7話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 7話の紹介です。

アクシデントで部屋が水浸しになった保(遠藤憲一)を、しばらく泊めることにした花澤家では、紀一郎(渡部篤郎)だけが保の存在を苦々しく感じている。

そんな中、真理乃(新川優愛)に恋人ができたことに気付いた紀一郎は、胸騒ぎを覚え、砂清水(山崎育三郎)に調査を指示する。

一方、保と美蘭(蓮佛美沙子)はランチタイムのカフェで、真理乃と20歳ほど年上の男性とのツーショットを目撃。保が相手の男性の素性を探ることになる。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 7話の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。