鴨川食堂 あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

鴨川食堂 あらすじ 最終回

鴨川食堂 あらすじ 最終回

忽那汐里さんがNHK連続ドラマ初主演! 

「鴨川食堂」2月28日(日)は最終回の放送となります。

13年振り連ドラ出演の萩原健一さんにも注目!!

鴨川食堂 あらすじ 最終回が公開されました。

詳しい内容は下記の通りです。

こいし(忽那汐里)の幼なじみでモデルの初子(すみれ)がやって来た。

幼いころ母が作ってくれたチャーハンを、婚約した自動車会社の御曹司に食べさせたいと言う。

こいしは想像もしなかった初子の悲しい過去を知る。

一方、流(萩原健一)は初子の故郷、四国の八幡浜へ向かう。

そのころ、こいしは恋人・浩(吉沢悠)と結婚した後、流を一人残して浩の実家の金沢に行ってもいいか、妙(岩下志麻)に後のことを頼むべきか悩んでいた。

以上が、鴨川食堂 あらすじ 最終回の紹介でした。

「鴨川食堂」の放送は、NHK BSプレミアムにて毎週日曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。