家族ノカタチ あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

家族ノカタチ あらすじ 7話

家族ノカタチ あらすじ 7話

香取慎吾が等身大で熱演!

「家族ノカタチ」2月28日(日)は7話目の放送となります。

物語はどんな感動のホームドラマとなるのか・・・

家族ノカタチ あらすじ 7話の紹介です。

恵(水野美紀)が浩太(高田彪我)を連れて姿を消した。

その現場を見た大介(香取慎吾)は、陽三(西田敏行)に事情を話すよう迫るが、陽三は口をつぐむ。

また、浩太が学校で友達をつくろうとしないことも明らかに。

事情が何も分からないままの大介はいら立ちを覚える。

その夜、恵を結婚詐欺師だと疑う大介は、佐々木(荒川良々)らを連れて陽三を説得にかかる。

そんな中、葉菜子(上野樹里)がマンションの前にいた浩太を連れて帰ってくる。

以上が、家族ノカタチ あらすじ 7話の紹介でした。

「家族ノカタチ」の放送はTBS系にて、毎週日曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。