真田丸 あらすじ 8話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 8話

真田丸 あらすじ 8話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」1月10日(日)放送スタートしました。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

2月28日(日)は8話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 8話の紹介です。

度重なる失敗に落ち込む信繁(堺雅人)に、昌幸(草刈正雄)は新たな任務を与える。

昌幸は北条氏政(高嶋政伸)と上杉景勝(遠藤憲一)にそれぞれ取り入り、両者を川中島で激突させようとしていた。

信繁は昌幸に命じられ、開戦前に上杉方の武将・春日信達(前川泰之)を北条方に寝返らせようとするが、景勝に恩義を感じる信達は信繁の調略に応じない。

上杉と北条の間の緊張が高まり、戦が目前に迫る中、信繁は信達の心を動かすには何が必要か考える。

一方、昌幸は信達を使った大きな仕掛けをたくらむ。

それは、信繁の想像をはるかに超えるものだった。

以上が、真田丸 あらすじ 8話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。