怪盗山猫 あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

怪盗山猫 あらすじ 7話

怪盗山猫 あらすじ 7話

神永学の人気小説シリーズをKAT-TUNの亀梨和也主演でドラマ化するミステリー。

「怪盗山猫」2月27日(土)は7話目の放送となります。

亀梨くんが、どんな平成のねずみ小僧を演じるのか・・・

怪盗山猫 気になるあらすじ 7話は下記の内容となります。

山猫(亀梨和也)は、ウロボロスの黒幕は都知事の藤堂(北村有起哉)だと確信。

ウロボロスを利用して、暴力団とアジアンマフィアの抗争をあおり、つぶし合いをさせようとしているとしか思えない。

しかし、関本(佐々木蔵之介)によると、藤堂にもウロボロスから脅迫状が届いたという。

関本と藤堂の関係を疑う山猫は、関本の言葉が信用できない。

山猫は、関本に藤堂およびその裏にいると思われる結城との関係を問い詰める。

以上が、怪盗山猫 あらすじ 7話の紹介でした。

「怪盗山猫」の放送は、日本テレビ系にて、毎週土曜 21:00〜21:54 です。

亀梨くんのファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。