警視庁ゼロ係 あらすじ 最終回 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁ゼロ係 あらすじ 最終回

警視庁ゼロ係 あらすじ 最終回

小泉孝太郎が“究極のKY”刑事役で新境地開拓。

「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」2月19日(金)は最終回の放送となります。

物語はどんなコミカルなミステリーとなるのか・・・

警視庁ゼロ係 あらすじ 最終回の紹介です。

7年前の事件が冤罪だと信じ、独自捜査をしていた元刑事・佐藤が亡くなった。

佐藤の死が自殺ではないと気付いた冬彦(小泉孝太郎)は、寅三(松下由樹)に自分の知っている情報を全て話す。

そして、冬彦は一人で警察庁刑事局長・島本(団時朗)の元へ向かう。

同じころ、刑事・古河(手塚とおる)も今回の事件が自殺と断定されたことに疑問を持っていた。

そんな中、副署長・谷本(石丸謙二郎)から、ゼロ係の廃止が宣告される。

以上が、警視庁ゼロ係 あらすじ 最終回の紹介です。

「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」の放送は
テレビ東京系にて、毎週金曜 20:00〜20:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。