大岡越前3 あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 7話

大岡越前3 あらすじ 7話

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

「大岡越前3」2月26日(金)は7話目の放送となります。

物語はどんな痛快時代劇となるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 7話の紹介です。

忠相(東山紀之)らは物産問屋・三崎屋の抜け荷取引の現場に踏み込むが、肝心のアヘンは見つからない。

程なく、田所(寺島進)がかつてかわいがっていた北町奉行所同心・沢田(高岡奏輔)が襲われた。

偶然、田所が通り掛かり、沢田は命拾いする。

実は沢田は三崎屋と裏でつながっていたが、その三崎屋に命を狙われたのだ。

頭を打った沢田はここ十数年の記憶を失ってしまう。

以上が、大岡越前3 あらすじ 7話の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。