ナオミとカナコ あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ナオミとカナコ あらすじ 7話

ナオミとカナコ あらすじ 7話

ベストセラー作家・奥田英朗の同名小説を連続ドラマ化。

「ナオミとカナコ」2月25日(木)は7話目の放送となります。

連続ドラマ主演は約1年振りとなる広末涼子が、内田有紀と初共演。

ナオミとカナコ あらすじ 7話は下記の内容となります。

達郎(佐藤隆太)の失踪を信じない陽子(吉田羊)の追及をぎりぎりでかわした直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)は、犯罪の証拠が映っている防犯カメラの映像の保存期間が切れる10日後を祈るような思いで待つしかない。

が、新しい人生を歩もうと決めた加奈子は、朱美(高畑淳子)の会社の面接を受け、契約社員として働き始める。

一方、興信所の所長・三枝(前川泰之)から失踪の理由は女ではと指摘された陽子は山本(近藤公園)に連絡する。

以上が、ナオミとカナコ あらすじ 7話の紹介でした。

「ナオミとカナコ」の放送はフジテレビ系にて、毎週木曜 22:00〜22:54 です。

広末涼子さんと内田有紀さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。