ヒガンバナ あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 7話

ヒガンバナ あらすじ 7話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」2月24日(水)は7話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 7話の紹介です。

謙人(DAIGO)が交通事故を起こし、意識不明に陥る。

一方、相手方の車に乗っていた中学教師・浜岡(篠田光亮)が事故以前に死亡していて、運転者が逃走したと判明した。

そして、容疑者として浜岡に婚約破棄された同僚・沙保里(江口のりこ)が浮上。

渚(堀北真希)と雪乃(檀れい)の事情聴取に、沙保里は浜岡のクラスに問題を抱えた生徒がいるので、結婚は延期しただけだと話す。

その生徒とは転校生のひなた(川島鈴遥)で・・・。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 7話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。