相棒 season14 あらすじ 17話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 17話

相棒 season14 あらすじ 17話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」2月24日(水)は17話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 17話の紹介です。

2カ月前、量子コンピュータに関する画期的な研究で知られる大学教授の知子(大沼百合子)が、実験中に事故死した。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品を返却するために大学を訪問。

同大学職員で夫の成田(中丸新将)に遺留品を返した後、知子の研究を引き継いだ准教授の麻美(林田麻里)から話を聞く。

知子のノートの中のある記述が気になる右京は、彼女と交流があった理論物理学の准教授・堀井(正名僕蔵)を訪ねる。

以上が、相棒 season14 あらすじ 17話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。