お義父さんと呼ばせて あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 6話

お義父さんと呼ばせて あらすじ 6話

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」2月23日(火)は6話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 6話の紹介です。

保(遠藤憲一)の部屋で、姉の留美子(秋野暢子)と美蘭(蓮佛美沙子)が遭遇。

結婚話を初めて聞いた留美子は難色を示し、保は美蘭の父・紀一郎(渡部篤郎)にも一目置かれているとついうそをついてしまう。

すると、留美子が美蘭を送りがてらあいさつすると言い出した。

しかし、保を敵視する紀一郎と口論になり、「結婚は認めない」と保に宣告する。

後日、昭栄(品川徹)は、紀一郎の非礼をわびるという口実で単身、留美子を訪ねる。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 6話の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。