愛おしくて あらすじ 7話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

愛おしくて あらすじ 7話

愛おしくて あらすじ 7話

田中麗奈が愛をなくした孤独な絞り染め作家を演じる大人のラブストーリー

「愛おしくて」2月23日(火)は7話目の放送となります。

物語はどんな大人のラブストーリーとなるのか・・・

愛おしくて あらすじ 7話をお届けいたします。

小夏(田中麗奈)と光太郎(吉田栄作)は、アパートで一夜を共にする。

そのことを知った怜子(秋吉久美子)は小夏を問い詰める。

そんな中、小夏は自分の才能を認めてくれたデザイナー代理人・立木(本上まなみ)の後押しもあり、怜子の元を去ることを決意。

迎えたクリスマスイブ、光太郎は小夏にプロポーズする。

さらに光太郎は、辰造(小林稔侍)に小夏との結婚の許しを得ようとするが、辰造は「自分には父親の資格がない」と返事を拒む。

以上が、愛おしくて あらすじ 7話の紹介でした。

「愛おしくて」の放送はNHK総合にて、毎週火曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。