いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう あらすじ 6話

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう あらすじ 6話

有村架純 & 高良健吾がフジテレビ 月9ドラマに主演!

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

2月22日(月)は6話目の放送となります。

物語はどんな青春群像ラブストーリーとなるのか・・・

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう あらすじ 6話は下記の内容となります。

静恵(八千草薫)の家を最後に6人が別れてから5年。

音(有村架純)は介護施設で、後輩の指導に当たるまでになった。

静恵が偶然街で木穂子(高畑充希)を見て声を掛け、音は木穂子と5年ぶりに再会する。

2人は近況を報告し合い、やがて練(高良健吾)の話題に。

それぞれ東日本大震災の際に、メールで安否を確認した後は、共に連絡が途絶えていた。

そこで、柿谷運送を訪ねてみた音は、練の現在の居場所を記した名刺を受け取る。

以上が、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう あらすじ 6話の紹介でした。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の放送は
フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54 です。

有村架純ちゃんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。