怪盗山猫 あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

怪盗山猫 あらすじ 6話

怪盗山猫 あらすじ 6話

神永学の人気小説シリーズをKAT-TUNの亀梨和也主演でドラマ化するミステリー。

「怪盗山猫」2月20日(土)は6話目の放送となります。

亀梨くんが、どんな平成のねずみ小僧を演じるのか・・・

怪盗山猫 きになるあらすじ 6話は下記の内容となります。

カジノの利権を得ようと都知事の藤堂(北村有起哉)に接触した侠武会組長の中岡(笹野高史)が、正義を掲げ悪人に制裁を加える武装集団「ウロボロス」に襲撃される。

中岡からウロボロスの正体を突き止めるよう依頼された山猫(亀梨和也)は、勝村(成宮寛貴)を彼らの組織に潜入させる。

そんな中、山猫は杏里(中村静香)から意外な情報を耳にする。

一方、海外に高飛びしようとした杏里は、空港でウロボロスに拉致されてしまう。

以上が、怪盗山猫 きになるあらすじ 6話の紹介でした。

「怪盗山猫」の放送は、日本テレビ系にて、毎週土曜 21:00〜21:54 です。

亀梨くんのファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。