大岡越前3 あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 6話

大岡越前3 あらすじ 6話

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

「大岡越前3」2月19日(金)は6話目の放送となります。

物語はどんな痛快時代劇となるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 6話の紹介です。

源次郎(高橋長英)は身寄りのない子どもの面倒を見る於満紀(樫山文枝)に心ひかれる。

実は於満紀は老中・水野(渋谷哲平)の養母だった。

その於満紀が人を殺したと言って奉行所に現れる。

彼女は誰かをかばっているらしく、源次郎は手掛かりを捜す。

心配した水野は於満紀に会いに行くが拒絶される。

やがて忠相(東山紀之)は水野の政敵がこの件に関係していることをつかむ。

以上が、大岡越前3 あらすじ 6話の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。