スペシャリスト あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

スペシャリスト あらすじ 6話

スペシャリスト あらすじ 6話

草なぎ剛さん主演のスペシャルドラマシリーズを連続ドラマ化

「スペシャリスト」2月18日(木)は6話目の放送となります。

異色の刑事に扮する草なぎ剛さんがどんな活躍をみせるのか・・・

スペシャリスト あらすじ 6話は下記の内容となります。

殺人現場に世界的ピアニスト・薫(矢田亜希子)が作曲した曲のサイン入り楽譜が置かれていた。

勝手に「ドレミファ殺人事件」だと名付けた宅間(草なぎ剛)は、楽譜に隠された暗号を解明。

それが薫の親友で、自殺したピアニスト・麗香の死を示していると突き止める。

そんな中、被害者が音楽教室の元アルバイト講師・桑原(菊池均也)で薫を教えていたと判明。

薫は自分を狙うストーカーが桑原を殺したと宅間らに告白する。

以上が、スペシャリスト あらすじ 6話の紹介でした。

「スペシャリスト」の放送はテレビ朝日系にて、毎週木曜 21:00〜21:54 です。

草なぎ剛さんファンの方はどうぞ、お見逃し無く!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。