ちかえもん あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ちかえもん あらすじ 6話

ちかえもん あらすじ 6話

青木崇高、松尾スズキら個性派が集結!

「ちかえもん」2月18日(木)は6話目の放送となります。

物語は、 近松門左衛門が騒動に巻き込まれる人情喜劇。

ちかえもん あらすじ 6話の紹介です。

万吉(青木崇高)は忠右衛門(岸部一徳)を呼び、お初(早見あかり)にあだ討ちさせようとする。

近松(松尾スズキ)とお袖(優香)は気もそぞろだが、その場に見届け人と称して立ち会う万吉は押し黙っている。

そんな時、何も知らない徳兵衛(小池徹平)がお初を訪ねてくる。

近松とお袖は、徳兵衛を退けようとするが失敗。徳兵衛は父がお初を身請けしようとしていると勘違いしてしまう。

以上が、ちかえもん あらすじ 6話の紹介でした。

「ちかえもん」の放送は、NHK総合にて、毎週木曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。