フラジャイル あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

フラジャイル あらすじ 6話

フラジャイル あらすじ 6話

TOKIOの長瀬智也が偏屈なイケメン医師に!

「フラジャイル」2月17日(水)は6話目の放送となります。

医療ドラマのニューヒーローが誕生となるか・・・

フラジャイル あらすじ 6話は下記の内容となります。

岸(長瀬智也)と宮崎(武井咲)は、治療に不安を抱く患者や家族を対象に行われる「診療相談外来」の担当を命じられる。

宮崎は相談に訪れた女性から、「中央医療センター」に入院中の子どもの件で相談を受ける。

担当医から、状態が大変悪いので助かる方法は「人工肺」しかないと宣告されたのもつかの間、急に「造血肝細胞の移植」に変更されたという。

宮崎は、経緯や検査結果を記した紹介状をもらってくるよう促すが・・・。

以上が、フラジャイル あらすじ 6話の紹介でした。

「フラジャイル」の放送はフジテレビ系にて、毎週水曜 22:00〜22:54 です。

長瀬智也さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。