ヒガンバナ あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 6話

ヒガンバナ あらすじ 6話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」2月17日(水)は6話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 6話の紹介です。

炎上した家屋から意識不明の住人・夏子(酒井美紀)と、男性の焼死体が見つかった。

七課長のすみれ(大地真央)は現場で倒れ込む渚(堀北真希)が発した言葉に驚く。

20年前、渚の父・悟(杉浦文紀)の殺害現場で口にした言葉と同じだったのだ。

すみれは渚を気遣い、捜査を離れるよう促すが、渚は無視。

一方、夏子は介護していた母親を半年前に亡くしていた。

間もなく、見つかった焼死体が悟を殺して服役した狩野(浅野和之)と分かる。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 6話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。