相棒 season14 あらすじ 16話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 16話

相棒 season14 あらすじ 16話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」2月17日(水)は16話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 16話の紹介です。

右京(水谷豊)は、小学生時代の同級生・律子(竹下景子)と偶然再会する。

彼女は、外国人労働者を支援する医師になっていた。

その翌日、律子の患者であるマリオが清掃業者として出入りするビルの脇で他殺体が見つかり、右京は捜査に乗り出す。

殺されたのは、外国人に就職をあっせんする団体の職員だった。

一方、入国管理局の摘発情報の漏えい問題を極秘に調べていた亘(反町隆史)も、現場のビルの名前に聞き覚えがあった。

以上が、相棒 season14 あらすじ 16話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。