お義父さんと呼ばせて あらすじ 5話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 5話

お義父さんと呼ばせて あらすじ 5話

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」2月16日(火)は5話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 5話の紹介です。

ある夜、繁華街にいた保(遠藤憲一)は、葉理男(中村倫也)の‘秘密’を知ってしまう。

休日、美蘭(蓮佛美沙子)は家にやって来た保と葉理男とのやりとりを不審に思う。

そんな中、葉理男が突然、会社に辞表を出した。

しかも、保が原因だという。

怒り心頭の紀一郎(渡部篤郎)から心当たりを尋ねられた美蘭は、保に直接問いただす。

一方、静香(和久井映見)は、体裁ばかりを気にして、葉理男の悩みを知ろうともしない紀一郎に対し、不満を抱く。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 5話の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。