愛おしくて あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

愛おしくて あらすじ 6話

愛おしくて あらすじ 6話

田中麗奈が愛をなくした孤独な絞り染め作家を演じる大人のラブストーリー

「愛おしくて」2月16日(火)は6話目の放送となります。

物語はどんな大人のラブストーリーとなるのか・・・

愛おしくて あらすじ 6話をお届けいたします。

パリコレクションに挑むことをテレビで発表した小夏(田中麗奈)の元に、かつての恋人・佐橋(水橋研二)が現れる。

佐橋は小夏を襲おうとするが、光太郎(吉田栄作)が間一髪で救い出す。

そこで、小夏は佐橋の子どもを宿した過去を告白する。

一方、怜子(秋吉久美子)は光太郎を諦めきれず、最後の賭けに出る。

しかしその夜、小夏と光太郎は病気になった小夏の飼い犬・小春を懸命に治療することになり、2人はさらに心を寄せていく。

以上が、愛おしくて あらすじ 6話の紹介でした。

「愛おしくて」の放送はNHK総合にて、毎週火曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。