鴨川食堂 あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

鴨川食堂 あらすじ 6話

鴨川食堂 あらすじ 6話

忽那汐里さんがNHK連続ドラマ初主演! 

「鴨川食堂」2月14日(日)は6話目の放送となります。

13年振り連ドラ出演の萩原健一さんにも注目!!

鴨川食堂 あらすじ 6話が公開されました。

詳しい内容は下記の通りです。

妙(岩下志麻)の親友・信子(左時枝)がこいし(忽那汐里)と流(萩原健一)の元にやって来た。

55年前の学生時代、初恋の大学生と食べたビーフシチューを再現してほしいと言う。

流は調査のため、亡妻・掬子(財前直見)の父・八十吉(麿赤兒)を訪ねる。

だが、八十吉はまだ流を許していなかった。

そんな中、またも横峯(豊原功補)が現れる。

居合わせた妙は、店から出て行くよう告げる。

以上が、鴨川食堂 あらすじ 6話の紹介でした。

「鴨川食堂」の放送は、NHK BSプレミアムにて毎週日曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。