真田丸 あらすじ 6話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 6話

真田丸 あらすじ 6話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」1月10日(日)放送スタートしました。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

2月14日(日)は6話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

真田丸 あらすじ 6話の紹介です。

「本能寺の変」直後の混乱が続く中、信繁(堺雅人)は明智勢に占拠された城から松(木村佳乃)を連れて脱出を図る。

城下に出て逃げ切ったかにみえたが、街道で敵兵に囲まれる。

絶体絶命の危機に、松は思わぬ行動を取る。

信長が死に、昌幸(草刈正雄)は次に打つ手を考えあぐねる。

そんな時、道理を重んじる信幸(大泉洋)の「真田は信長公の敵討ちをすべき」という提案を聞き、奇策を思い付く。

本能寺の変の知らせを受け、織田の勢力下であった信州や上州への侵攻を狙っている北条氏政(高嶋政伸)に対し、昌幸は思いとどまるよう説得を試みる。

そんな中、信繁が真田の里に戻ってくる。

以上が、真田丸 あらすじ 6話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。