大岡越前3 あらすじ 5話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 5話

大岡越前3 あらすじ 5話

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

「大岡越前3」2月12日(金)は5話目の放送となります。

物語はどんな痛快時代劇となるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 5話の紹介です。

海に近い芝浜で商人が殺され、大金の入った革財布が盗まれる。

忠相(東山紀之)らが犯人捜しに乗り出す中、魚勝(金児憲史)が芝浜で財布を見つけ、仲間を家に呼んで酒盛りをする。

酔いつぶれた魚勝が目覚め、妻・おちせ(田畑智子)に尋ねると、「そんな金はない。夢ではないか」と言う。

混乱する魚勝の前に、落とした財布を返してくれという茂平次(相島一之)が現れる。

以上が、大岡越前3 あらすじ 5話の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。