ヒガンバナ あらすじ 5話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 5話

ヒガンバナ あらすじ 5話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」2月10日(水)は5話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 5話の紹介です。

監察医・薫子(知英)の妹で、有名バレエ団付属高校1年生の透子(尾中琴美)が、意識不明の重体で見つかる。

その日の発表会の主役に起用された透子には小麦アレルギーがあり、アナフィラキシーショックと判明。

渚(堀北真希)と雪乃(檀れい)は寮で同室の1年生・美月(田原可南子)とまどか(秋月成美)、3年生で主役候補だった奈央(小宮有紗)に話を聞く。

一方、バレエ団のプリマ・英里子(マイコ)に脅迫状が届いていたと分かる。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 5話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。