相棒 season14 あらすじ 15話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 15話

相棒 season14 あらすじ 15話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」2月10日(水)は15話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 15話の紹介です。

暴力団幹部の娘の女子大生が殺された。

現場に行った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、向かいのマンションに住む青木(浅利陽介)が、犯行の一部始終を目撃していたことを知る。

しかし、青木はなぜか警察への協力を拒否、何も話そうとしない。

そんな中、犯人は1人のはずなのに、捜査一課が取り調べていた3人の容疑者全員が犯行を自供。

伊丹(川原和久)らは青木が犯行を撮影したビデオを押収したいが裁判所の許可が下りない。

以上が、相棒 season14 あらすじ 15話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。