家族ノカタチ あらすじ 4話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

家族ノカタチ あらすじ 4話

家族ノカタチ あらすじ 4話

香取慎吾が等身大で熱演!

「家族ノカタチ」2月7日(日)は4話目の放送となります。

物語はどんな感動のホームドラマとなるのか・・・

家族ノカタチ あらすじ 4話の紹介です。

葉菜子(上野樹里)の前に和弥(田中圭)が再び現れる。

「やり直したい」と請う彼を、葉菜子は冷たく突き放す。

大介(香取慎吾)と陽三(西田敏行)は偶然、その様子を見ていた。

律子(風吹ジュン)はかたくなな葉菜子のことを心配する。

一方、外出中の大介の部屋を莉奈(水原希子)が訪問。

代わって迎えた陽三に、大介に好意を持っていることを告白する。

そんな中、大介や佐々木(荒川良々)らは、入江(千葉雄大)に関するある事実を知り、驚く。

以上が、家族ノカタチ あらすじ 4話の紹介でした。

「家族ノカタチ」の放送はTBS系にて、毎週日曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。