逃げる女 あらすじ 5話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

逃げる女 あらすじ 5話

逃げる女 あらすじ 5話

水野美紀さん主演、鎌田敏夫のオリジナル脚本でおくるヒューマン・サスペンスドラマ

「逃げる女」2月6日(土)は5話目の放送となります。

気になる5話のあらすじが公開されました。

逃げる女 あらすじ 5話は下記の内容となります。

梨江子(水野美紀)と美緒(仲里依紗)は、あずみ(田畑智子)と施設で一緒に育った千夏(黒沢あすか)を訪ねる。

千夏が不在の間、2人は留守番をすることに。

互いの気持ちは反発と共感を繰り返しつつ近づくが、行き違いから美緒は去ってしまう。

安藤(賀来賢人)は後の美緒らしき少女の陰惨な事件に行き当たる。

一方、発見された水死体があずみではないかと考えた佐久間(遠藤憲一)は、梨江子の過去を探るため、斉藤(高橋克典)に会いに行く。

以上が、逃げる女 あらすじ 5話の紹介でした。

「逃げる女」の放送はNHK総合にて、毎週土曜 22:00〜22:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。