怪盗山猫 あらすじ 4話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

怪盗山猫 あらすじ 4話

怪盗山猫 あらすじ 4話

神永学の人気小説シリーズをKAT-TUNの亀梨和也主演でドラマ化するミステリー。

「怪盗山猫」2月6日(土)は4話目の放送となります。

亀梨くんが、どんな平成のねずみ小僧を演じるのか・・・

怪盗山猫 きになるあらすじ 4話は下記の内容となります。

山猫(亀梨和也)が入手した細田(塚地武雅)のUSBメモリーに、悪徳不動産会社の情報が記録されていた。

山猫らは、細田が生前、認知症の母親・芳子(市毛良枝)が実家と亡父の工場がある山をだまし取られたと話していたことを思い出す。

一同は早速、芳子に接触。

彼女に同情した真央(広瀬すず)は、山の権利書を取り返したいが、山猫は動かない。

そんな中、勝村(成宮寛貴)を尾行したさくら(菜々緒)が「ストレイキャット」に現れる。

以上が、怪盗山猫 きになるあらすじ 4話の紹介でした。

「怪盗山猫」の放送は、日本テレビ系にて、毎週土曜 21:00〜21:54 です。

亀梨くんのファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。