ヒガンバナ あらすじ 4話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 4話

ヒガンバナ あらすじ 4話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」2月3日(水)は4話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 4話の紹介です。

雪乃(檀れい)が図書館で出会った三岡(萩原聖人)に一目ぼれ。

一方、深夜の公園の池に仕掛けられた爆発物で、先端科学研究所の研究員・曜子(月船さらら)が殺された。

渚(堀北真希)と雪乃は上司の堂ヶ島教授(中原丈雄)や、偶然にも曜子の同期だった三岡らに話を聞く。

そして、同期の良美(西山繭子)が1年前に失踪したと知る。

そんな中、曜子の本命の交際相手と見られる‘成川’が結婚詐欺師である可能性が浮上する。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 4話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。